韓国駐在員の準備!

お久しぶりです。

色々な方の励ましのコメントありがとうございます。
ニコールさんへの返信を他の方の為も含めて

更新しておきますね!

ニコールさん
こちらは、あまり見ていないのでコメント遅れて
申し訳ないです。


一応、先輩として出来る限りのアドバイスは致します。

今の日本の現状から
新規事業で韓国にマーケットを広げに来る企業はたくさんあると思いますが、本当に大変です。
奥様は、ご主人にサポートに徹して下さい。


まず始めのアドバイスですが
会社に期限をしっかり聞いて下さい。
成功するまでとか、そんなのわからんと言われた場合は
キッパリと断って方が懸命です。

また待遇面ですが、新規事業は当然赤字スタートですので
始まってしまってからでは会社と議論できません
「赤字部門のくせに」と言われないまでも
ご主人は相当悩むでしょう

スタートする前に待遇面は徹底的に調べましょう

ソウルは日本と物価は殆どかわりません
日用品などはチェーンストアが日本ほど発展していない韓国では
割高です。

来てみて初めてわかる事が多いですが
日本ほど先進国で住みやすい国は無いと感じるでしょう

またお子様の教育問題ですが
子供を保育園に預ける→奥様はパートに出るという
図式は描けません
投資家ビザのDー8ビザの奥様のビザでは
韓国で働く事はできない為
保育園費用は会社負担である事を確認して下さい
外国でお子様の部屋での生活は、だいぶストレスが溜まる
と思います。

我が家の下の子は日本人学校幼稚部に通学していますが
第1子 (小学2年生)

月額授業料    240,000ウオン
校舎修繕積立金  50,000ウオン
冷暖房費     20,000ウオン
バス代      105,000ウオン

計   415,000ウオン

第2子 3歳(幼稚園年少)
入学金      500,000ウオン(4月のみ)
月額授業料    400,000ウオン
校舎修繕積立金  50,000ウオン
冷暖房費     20,000ウオン
バス代      105,000ウオン

第2子計  575,000ウオン

2人計 990,000ウオン

となります。これは最安値が日本人学校幼稚部であって
地元の幼稚園はもっと割高です。

次に医療費ですが、キャッシュフリーの海外保険に入れてもらえるかを確認して下さい
韓国の保険適応は日本よりも厳しいです。
MRIなどは保険適応外です
薬も種類、容量がとても厳しいです
特に歯医者は問題で、保険が適用外です
詰めた物を直すだけで50〜60万ウオンの請求です

家賃ですが、駐在員は200万ウオンの部屋(日本円で17万)
くらいは最低でもみてもらって下さい
私は160万ウオンですが、大変狭いです・・・

また支度金が要注意ですが
来る時は、なんとかなりますが帰る支度金がいくらかも確認して下さい
結構な落とし穴で
家電、家具、車、敷金などものすごい費用が発生するのに
結構少ないの現状で本帰国した方で泣いている人が結構います

家族でくると言う事は本当に大変な事です。

そして韓国に来る前にmixiやコネストなどで韓国語がぺらぺらな日本人を見つけて下さい
結構います
会社で通訳兼雑務担当がいれば別ですが
結構困ります

脅しているような返信で申し訳ないですが
この辺が現状ではないでしょうか?

そうして早く友達を見つけて下さい
同じ環境の人が結構いますよ

そうして、奥様は韓国ライフをエンジョイして下さいね。

また質問頂ければお答えします(笑)
スポンサーサイト
[ 2012/09/14 15:59 ] 韓国生活向上委員会 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seoulsyokudou.blog.fc2.com/tb.php/546-da399452


まとめ【韓国駐在員の準備!】

お久しぶりです。色々な方の励ましのコメントありがとうございます。ニコールさんへの返信を他の方の為も
[2012/11/22 01:24] URL まっとめBLOG速報