富山名物!これはっ美味いっ!糸庄のもつ煮込みうどん

いま、八王子滞在中で記事書いています



レンタルWiFi借りてよかった〜としみじみ思っています



父の喜寿のお祝いと母の古希のお祝いで



父方の親戚が伊香保に集まります



なんどか親戚の集まりはあったのですが、韓国滞在していたり



活躍の場が関西だったり



青山に墓をもつ関東の親戚の集まりは本当に久し振りです



本当によかったのは日曜日の朝に「サンデーモーニング」を見ていなかったことです



しかし、前川助平を正義の人と称していたのはビックリ



文藝春秋・オール讀物・ニューズウィークを読破する勉強家の77歳も



マスゴミの洗脳がこの勉強家でも簡単にできるテレビって本当に怖い!



マスコミに騙されて、これで1票入るんだなと思うと末恐ろしい



本題


チャンピオンカレーの谷口さんのインスタで

「お〜食べてみたいと思った逸品」



      糸庄の「もつ煮込みうどん」
15796539_2260761265_106large.jpg


もう!名前だけで


うまそうですね〜



15796539_2260761253_246large.jpg




     もつ煮込みうどん!



15796539_2260761263_47large.jpg


もつ煮込みうどんに


卵をいれる贅沢をし


追い討ちで、「もつつまみ」



もう期待度マックス!!!


15796539_2260761264_65large.jpg




   目の前に広がる!この雰囲気!






     キタ━(゚∀゚)━!

15796539_2260761262_16large.jpg



   うまままままーーーーーーーーー


15796539_2260761260_95large.jpg
        (ちなみに、もつ煮込みうどんと もつつまみはちょっと味違います)


なんですか、この「モツ」の柔らかさ!



15796539_2260761258_151large.jpg



    うどんも!手打ち!


このうどん、コシがなくチュルンチュルンって感じです


でも、なんかクセになるチュルンチュルンです


いや〜富山にきたら、はずせない店ですね


もちろん


15796539_2260761254_245large.jpg




        ズバッと完食です!

#さぶろうべい
#さぶる
#富山の名店
#もつ煮込みうどん
#糸庄
ブログ村に参加しております
下のバナーをクリックしてくださ〜い!
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/08/01 00:00 ] 富山グルメ | TB(0) | CM(2)

無いものねだり

人は自分に無いものを他人に多かれ少なかれ求めるのじゃ無いでしょうか?
おいらは如実にその傾向が強いです。

自分に根性が無い分、麺には根性(固さ)を強く求めます。
世の中で許せないのは、でろでろふにゃふにゃの麺類。
味噌煮込みうどんが逸品の店があり、冬の寒い日には自然と足が向いてしまいます。
がしかし、この店で注文するのは「味噌煮込まないうどん」
小さな土鍋に煮込まれ赤茶色の味噌に染まったうどんが本来の姿だけど、おいらのは色白のうどんが全く煮込まれた形跡も無く出てきます。

うどんもおなごも色白ぽっちゃりが、おいらのお好みですわ。




以前にもコメント欄にカキコミしたかもしれないけど、母は靖国神社に隣接した千代田区立富士見小学校の教員をしていました。
昭和20年代のことです。
生徒を引率して靖国神社に写生や散歩に行くと、多くの女性が参道にゴザを敷いて座っていたそうです。
重箱には海苔巻きや稲荷寿司、ぼた餅だったりと、まだまだ食糧事情も良くない時代の頃で、「先生、息子の供養だから1つ食べていってください。」と声をかけられたそうです。

戦死したら英霊となって靖国神社に戻ってくる。
そんなこと誰も信じてなんかいなかったでしょうが、欠けがいのない最愛の息子を失ったお母さんたちは、靖国神社に行けば息子に会えると思わなくては、やるせなくて気をも狂ってしまう深い悲しみを抱いて、息子の好きだった海苔巻きや稲荷寿司などをお重に詰めて来ていたのでしょう。

右翼だとか左翼だとか、そんな難しいことは分かりません。
靖国神社の賛否も分かりません。
ただ、当たり前のように朝を迎え夜を迎えて、温かいごはんが食べられる現在は多くの先代の方々の犠牲のうえにあるのは事実なのだから、安易に否定することは人の道に外れていると思うのです。

靖国神社に参拝しようがしなかろうが、右翼だろうが左翼だろうが、先人の方々の深い悲しみや無念を忘れないで笑顔の絶えない時代を築いていくのが、最大の供養になるのでしょう。
それがとてつもなく難しいのですが。
[ 2017/08/01 08:52 ] [ 編集 ]

Re: 無いものねだり

>レンジさん

重たくて返信に困ります^^
「正論」とさせていただきます
[ 2017/08/04 07:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seoulsyokudou.blog.fc2.com/tb.php/1095-4f244433